NO IMAGE

受けたい助成金を希望通りに受けれるには、ここを抑えてみませんか??

今日は助成金について書いてみようと思います。

クライアントの方とお話をさせて頂くと、必ず一度は出てくる助成金の話。

確かに助成金って便利ですし、募集要項に該当すれば、実費負担分が還付されたりと

良いことなのですが、助成金に振り回されている場合は要注意ですね。

もちろん助成金申請を行うのは良いことなのですが、いざ助成金を受けようとなった場合

意外に手間がかかってしまうのが実情です。

国や地方自治体が公表しているものの、あなたの会社にはこれが適していますよ〜〜!と

親切に毎回教えてもらえるわけでもなく、突然現れて、いつの間にか締め切りがきてしまっている。。

ということはよくあります。

必死になって時間を割いて、自分の会社に該当する助成金を探し当てても、募集要項に当てはまらない。。。

むむむ。。となってしまいがちです。

となると、社労士さんにお願いするぞ!となるのですが、社労士の方もやはり商売ですから、手数料は頂戴しなければならない。

となると、時間と費用と還付される金額とを比較してみると、

意外にも助成になっていないーーーーーーーーってことにもなりかねません。

じゃあ助成金なんて別にいらないねということが言いたい訳ではなく、助成金を気にしておくタイミングを

あなたご自身で決められることで、見えてくるものがあります。

例えば、将来これぐらいの規模にしたい、とか こういった設備を入れていきたいな とか

漠然としたものがあるとします。

その場合は、その時期に向けて助成金が出そうなものを今現在でまず調べてみます。

たまたま募集要項と締め切りとが合えば、その時にご自身で申請するのも良いですし、

似たような助成金というのは、数回に分けて募集を行ったり、現在募集中のもので予算が余ってしまった場合などは

次回に予算が持ち越されたりもします。なので次回を目指されるのも良いかもしれません。

また、経済の流れが大幅に変わる際は、助成金の募集が出やすかったりもします。

例えば消費税増税の前後などは何か助成金が出るかもしれませんね。

こういったようにある程度、あなたご自身のやりたいこと、やりたい時期、世の中の流れを想定した上で

助成金を探されると、そんなに手間をかけることなく申請を行うことができ、時間とコストをなるべく抑えることができます。

しかしながら、助成金を受けるために募集要項に合わせた事業形態にしたり、

社員数を合わせたりしてしまうと本末転倒で、助成金は受けられたけど、結局費用がかなり増えてしまったということになってしまいます。

それではなんのための助成金なのかわからないですよね。

理想をいってしまえば、助成金を闇雲に探すよりは、売上をどうやって伸ばしていこう、お客様に喜んでもらうにはどうすれば良いのだろう、と考える時間に当てた方が、後々の結果は良いものになるかと。

助成金とはうまく付き合っていきたいものですね!

こちらもどうぞ

未来予測経営ルーム

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG